MENU

旭川市の外壁塗装・屋根塗装なら専門店のソトピアへお任せ|YOUトピアカワムラの外壁・屋根専門店

見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

0120-815-512受付時間 9:30~17:30(火曜水定休)

  • ショールーム来店予約
  • お気軽にご相談ください お見積り依頼 見積り依頼はこちらから

現場ブログ 塗装に関するマメ知識やイベントなど最新情報をお届けします!

HOME > 現場ブログ

ソトピアの現場ブログ 記事一覧

「外壁にヒビが入っているのですが、、」

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の寺島です。 最近お客様からの問合せの中で多かった内容を1つ抜粋させていただきます。 「外壁にヒビや、穴が空いているのですがすぐに工事したほうが良いのでしょうか」 外壁のひび割れは見た目が悪いだけでなく、ひび割れたところから建物の劣化が始まる可能性もあるので注意が必要です。こちらも経年劣化によるものもありますが、塗装時乾燥が不十分なままの上塗り、塗料の選び方によってひび割れが起きやすくなることもあります。また、建物の構造上の歪みによるひび割れもあります。ひび割れが深い、又は広がっている場合は雨水の侵入による家屋の被害(傾きや倒壊も恐れも)も考えられるので早めの点検が必要です。 コーキング等で応急処置するのか、部分的に外壁を張り替えるのか、、思い切って、外壁全面張り替えるのか。。 お客様の予算や計画に合わせたご提案もさせていただきます。   その他ご不明な場合は、お気軽にお問合せください!! ↓↓↓ソトピア ホームページはこちらのURLをクリック↓↓↓ https://sotopia.jp/ ↓外壁・屋根料金プラン↓ https://sotopia.jp/menu/

2021.01.29(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

「天窓」について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の鈴木です。今回は「天窓」のメリット・デメリットについてご紹介します。「メリット」屋根面に窓を取り付けることで採光が充分に取れるということです。住宅が密集している地域では隣家があることで充分な光が室内に入りません。その点屋根面では遮るものがない為、十分な光を取り入れることが出来ますし、壁面の窓と比較すると3倍もの採光効果があります。あわせてプライバシーを守りながらも解放感が得られます。「デメリット」天窓があることで太陽光を取り入れてすぎてしまい「眩しい」「エアコンの効率が悪い」といった例を挙げられます。そして天窓は「雨漏りを起こしやすい」という情報が設置への不安を増幅させているのではと考えられます。もちろんどの箇所・部材も雨漏りの可能性が0ではありません。しかしその雨漏りへの懸念はメンテナンス次第で改善することが可能です。天窓は壁面の窓同様メンテナンスがほとんど必要ないと認識されているのではないかと感じます。しかし天窓は太陽光や雨水に晒され続ける屋根に設置しているため、壁面の窓よりも劣化しやすい傾向にあります。設置してから10年前後でメンテナンスを行い20年前後では交換もしくは今後雨漏りなどの心配をしない為に撤去をお勧めします。日々の定期点検を忘れず不安な場合は専門業者へ相談しましょう。見積・診断無料!お気軽にお問い合わせください。

2021.01.29(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

「外壁タイル」について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の鈴木です。今回はタイルが剥離してしまう原因についてご紹介します。 「経年劣化」まず最初に上げられる原因として「経年劣化」です。外壁は風雨や直射日光に常にさらされ、タイルは外気候の影響を受けにくいと言われておりますが、それはあくまで「タイルそのもの」の事です。外壁は気温が高くなれば膨張し、低くなれば収縮します。この膨張と収縮の差は決して大きくありませんが、何年も繰り返していると接着剤の劣化に繋がるでしょう。接着剤が剥がれてしまえば当然タイルも剥離してしまいます。「たたき不足」次に上げられる原因は、「たたき不足」です。タイルを接着する際、ただボンドなどを使い取りつけていくだけでなく、タイルを強く圧迫して下地に圧着させます。この作業を「たたき」というのですが、施工時にこのたたきが不足していると、やがて外壁タイルが剥離していくのです。「モルタル材の不良」あまり質のよくないモルタルで接着されたタイルは、その分 剥離までの期間も短くなり、早い段階で剥がれてしまいます。現在は 建築基準が厳しくなりましたが、十数年前はいい加減な施工をする会社もゼロではありませんでした。また、安価なモルタル材は質が悪い場合も多かったのです。ですが 建築基準が厳しくなった今では、ゼロとは言えませんが モルタル材の不良も少なくなってきています。見積・診断無料!お気軽にお問い合わせください。

2021.01.22(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

外壁デザインについて

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の渡辺です。 今回は外壁の色や柄についてです。 外壁材を張り替えたり金属のサイデイングを上張りをしてご自宅の外見を変えたりすることが出来ます。サイデイングにも色や柄がたくさんあり組み合わせ一つでたくさんのバリエーションがあります。さらにアクセントといい2色のサイデイングを使い張り分けすることが出来ます。より色合いが変わり家の見え方も変わります。 もし外壁材の工事の事や張り分けの事でお困りの方がいましたら弊社の方ではイメージ図面等を用いてよりお客様に分かりやすい提案が出来ます。詳しくはこちらまで

2021.01.22(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

玄関ドア メンテナンス・交換について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の寺島です。 他のブログで玄関ドアのメンテナンスについて記載しております。そちらもぜひご覧ください。 最近、玄関ドアの修理・交換の見積ご依頼が多かったので記事を簡単に書かせていただきます。 よく問合せいただくのが、 「玄関が寒いので、、」 「もう20年近く経つので、、」 「玄関ドアがうまく閉まらない、、」   玄関ドアがうまく閉まらないケースについては、玄関ドアの調整・部品交換等で済む可能性もございますので、まずはご連絡ください! 玄関ドアの交換に関しては、カワムラで、「デザインに応じて20.8万円~40万円の間の価格帯でお客様のご要望にお応えできるかと思います。 HPやチラシににも入っております。詳細に関しましてはお問合せください!     その他ご不明な場合は、お気軽にお問合せください!! ↓↓↓ソトピア ホームページはこちらのURLをクリック↓↓↓ https://sotopia.jp/ ↓外壁・屋根料金プラン↓ https://sotopia.jp/menu/

2021.01.22(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

窓廻りの簡単なお手入れ方法 ←New!!

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の寺島です。 以前にもサッシ廻りのメンテナンス方法について記載させていただきましたが、 今回は、さらに簡略化したお手入れ方法をご紹介いたします。 新聞紙と水だけで、、、 せっかくの大きな窓も曇っていたり、手垢が付いていたり、結構目立ってしまいますよね。。ただ、大きければ大きいほど、掃除は大変です。新聞紙と、水を用意して掃除しましょう。水をかけ、新聞紙で窓を拭き、さらに乾いた新聞紙で拭き取ります。水で湿らせた新聞紙でふき取るだけでも大丈夫です。これだけで十分綺麗になってしまいます。 お手すきの際にはお試しください!! ↓↓↓ソトピア ホームページはこちらのURLをクリック↓↓↓ https://sotopia.jp/ ↓外壁・屋根料金プラン↓ https://sotopia.jp/menu/

2021.01.15(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

軒天材のメンテナンスについて

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア末広店の渡辺です。 今回ご紹介させて頂きます内容は軒天についてです。 軒天とは突き出している屋根の裏側に付いているスレート材を指します。 軒天は経年劣化や屋根のハゼコーキングが切れたりしてると水が浸入して染みて傷んだりひどいときはミルフィーユのような状態になります。その状態を発見した場合は交換をお勧めいたします。放置するとどんどん水染みなどが広がっていき工事が大きくなっていきます。今現在軒天の事や外回りの事で気になる事がありましたらいつでもご連絡ください!!!!! 詳しくはこちらまで  

2021.01.15(Fri)

詳しくはこちら

「防水紙」について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の鈴木です。防水紙(ルーフィング)についてご紹介します。「防水紙」とは屋根の下葺き材で、下地材である野地板やコンパネの上から被せる防水機能をもったシートのことです。雨水の大半は屋根材が防いでいますが、雨漏りの決定打となるわずかな雨水の侵入を防いでいるのは「防水紙」です。なので劣化して「縮れ」や「破れ」が発生した場合、屋根材に劣化が見られなくても雨漏りが発生することがあります。「防水紙」の固定方法は2つあります。「タッカー留め」大型のステープラー(ホッチキス)に似たタッカーと呼ばれるもので、ステープル(コの字型をした針)で固定する。改質アスファルトルーフィングの場合、わずかな穴に対するシール性がありますので、ステープルと防水紙間の隙間はしっかり埋めてくれます。「粘着式」野地板と接する面に粘着力があり、そのまま接着し固定する。ステープル(コの字型をした針)を使うタッカー留めとは違い、穴が開かないので防水性が高い。施工方法は固定方法にかかわらず軒先から棟に向かって重ねながら留めていき、棟は全方から葺いてきた「防水紙」を隙間ができないように被せていきます。近年トラブルは少なくなりましたが、以前は防水紙を棟から軒先に向かって葺き、重なり合った防水紙の隙間から雨水が入り込み雨漏りを起こすトラブルが多くあったようです。防水紙は必ず屋根材で隠れます。そのため施工中の写真がない限り異常に気付かないという事も考えられますので十分に注意しましょう。見積・診断無料!お気軽にお問い合わせください。

2021.01.15(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

屋根の施工について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア末広店の渡辺です。 今回皆様にご紹介をします内容は屋根の施工についてです。 基本的な屋根の工事は屋根の張替え工事と屋根の二重屋根工事になります。 屋根の張替え工事は既存屋根を剥がして新しく屋根を張ります。 屋根の二重屋根工事は既存屋根に木材(垂木)で下地をして野地合板を敷いてルーフィングを張り屋根材を張ります。また二重屋根でも断熱二重屋根があり木材(垂木)で下地をして野地合板を敷く前に断熱材(スタイロフォーム)を敷きます。あとは通常の二重屋根と同じ施工です。断熱二重屋根にすることで冬の氷柱防止になります。屋根の施工などはお客様にあった施工方法があるので気になる事やご相談事がありましたらいつでもご連絡してください。 屋根の工事はこちらまで  

2021.01.08(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

「カーポート素材」について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の鈴木です。「カーポート」の柱素材についてご紹介したいと思います。「スチール」カーポートに広く用いられている素材が「スチール」、いわゆる鉄です。「スチール」なら強度や耐久性も十分にあり寒冷地では特に安心できるのではないでしょうか。ただし、「スチール」のもう一つの特徴として、将来的に錆びる可能性があるという点も見逃せません。カーポートの柱は屋根全体を支える部分なので、もし柱が錆びてしまった場合にカーポート全体の強度が落ち、その状態のまま放置していると柱や屋根が崩れてしまうといった可能性もあるので「サビ対策」が大切です。「アルミ」軽量で丈夫、耐久性も高くサビの心配もいらいない素材がアルミニウムです。また、素材自体が軽いので、地震や強風などといった自然災害の影響を受けにくいというメリットもありカラーバリエーションも豊富なのでデザイン面での選択肢が広がるというメリットもあります。「木製」木製カーポートは木の温もりで、家の表情をやわらかくし、ホッとした“安らぎ感”を与えてくれます。アルミやスチール製では味わえない自然のやさしさが楽しめ素人でも簡単に加工ができるというメリットがあります。木材でも強度はかなりのものがありますが雨風や雪の腐食による劣化の可能性がありますので定期的なメンテナンスは必要・大切です。                   ※2021年1月現在のパック価格になります※見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい

2021.01.08(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

外構工事・エクステリアについて!!!

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の寺島です。 皆様、ご家庭の外回りについてどのようなこだわりがございますでしょうか。 今回は外構・エクステリアに焦点を当てて記載させていただきます。   まずエクステリアとは何かご説明させていただきます。 対義語は“インテリア”になるんです。建物の外がエクステリア、中がインテリアです。 みなさんに馴染みのある“インテリア”はお部屋の中にあるテーブルやソファ、テレビや時計、棚やカーテンを指します。その“物を含めた空間”をインテリアと言います。 それと同じように、門やフェンス、柱など具体的なもの(外構)を含めた空間をエクステリアといいます。いくつもの外構が組み合わさってエクステリアを作り上げているのです。 エクステリアを検討する上で大切なことは「家の外側をどういう風に使いたいか」という要望をハッキリとさせることです。 「どんな雰囲気にしたいか」、、敷地のスペースをどの程度、駐車場として使うのか?子どもが遊べるようなお庭作りにするのか?ペットがいるなら芝生がいいのか、それともウッドデッキにしたほうがいいのか? 門から玄関までの導線はどのようにするか?具体的にイメージすることが大切です。 エクステリアを構成する外構には「門扉・門柱」、「フェンス」、「アプローチ」、「デッキ・テラス」、「ガレージ」、「植栽」、「照明」などが挙げられます。 現在は雪が積もっており、イメージしにくいとは思いますが、春先に外構工事ご希望の際は一度訪問させていただき、 「完成イメージ」を打ち合わせさせていただければと思います。   その他ご不明な場合は、お気軽にお問合せください!! ↓↓↓ソトピア ホームページはこちらのURLをクリック↓↓↓ https://sotopia.jp/ ↓外壁・屋根料金プラン↓ https://sotopia.jp/menu/

2021.01.08(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

「車庫」について

こんにちは!旭川市の外壁リフォーム・屋根リフォーム専門店ソトピア本店の鈴木です。「車庫」の劣化症状についてご紹介したいと思います。愛車を紫外線や雨風・雪から守るために、住宅の敷地に車庫やガレージを設置している方も多いと思います。車庫の種類は木造・鉄骨造・コンクリート造など素材はさまざまあり、素材によっても劣化症状やメンテナンス方法が異なります。木造の場合、屋根外壁部分の劣化により雨漏りが発生し木材が腐食してしまう場合や金属・鉄骨等は経年劣化によりサビが発生し腐食が進行してしまうと補修だけでは対処できない可能性があります。また材質の成分や汚れサビ等を含んだ雨水が愛車に垂れ付着してしまうと愛車も汚れ腐食してしまうことがありますので劣化や腐食を未然に防ぐためにもメンテナンスは必要になります。「車庫」の材質によって耐用年数がそれぞれ定められていて、あまりメンテナンスを意識しない方も多いと思いますが定期的に点検され劣化症状が確認できればコーキング材・モルタル材による補修(応急処置)を行い、更に全体を塗装しておくと安心です。雨漏りや腐食などわかりづらいところで発生・進行していることもありますので専門業者へのご相談をお勧めします。初めての方へ(塗装の基礎知識について)見積・診断無料 お気軽にお問い合わせ下さい!

2021.01.01(Fri)

詳しくはこちら

現場日記

外壁・屋根リフォーム専門店 ソトピアへようこそ

株式会社 カワムラホーム
代表取締役社長

ソトピア 川村 健太

この度はソトピアのホームページをご覧いただきありがとうございます。

YOUトピアカワムラは大正7年創業以来、100年以上に渡り、旭川市において住まいのサービスを提供し続けてきた会社です。現在でも新築・リフォーム・不動産とあらゆる住まいのサービスを提供しております。そんななか2020年8月から豊岡と末広のリフォーム館内に外壁・屋根専門店『ソトピア』をオープンいたしました。
私自身、前職では住宅用外壁材メーカーに勤めていたこともあり、外壁・屋根という住宅の顔ともいうべき分野においてお客様への住まいのサービスを充実させたいという想いから今回のオープンの運びとなりました。

弊社では『住む』ということ。YOUトピアカワムラ。というスローガンのもと、外装リフォームを通して地域住民の皆様によりよい『住まい』サービスを提供してまいりますので今後ともご指導ご鞭撻並びに末永いご愛好賜りますようにお願い申し上げます。

  • ソトピア本店ショールーム アクセスマップ

    ソトピア本店ショールーム

    〒078-8234 旭川市豊岡4条3丁目7-13「Youトピアカワムラ リフォーム館 本店内」
    フリーダイヤル:0120-815-512
    TEL:0166-32-3231
    営業時間 9:30~17:30(火曜水曜定休)

    ソトピア本店ショールームについて詳しくはコチラ

初めての方は無料診断へ お気軽にお電話ください

0120-815-512
受付時間 9:30~17:30(火曜水定休)

無料見積依頼

絶対に損はさせません!後悔しないためにも他社と見積りを比較してください!

  • 外壁診断
  • 雨漏り診断

0120-815-512のHPをご覧の皆様へ

外壁診断 無料 プロによる正しい診断で適正価格のご提案をします! 雨漏診断 無料 気になる雨漏りの原因を迅速に突き止めます!! 来店予約 外壁・屋根リフォーム専門ショールームへお越しください